本気の就職先に出会うまで妥協を捨てること

正社員として採用をされ就職をしたのであれば、そこからすぐに仕事を辞めるような事をしてはいけません。
例え数ヶ月しか働いていなかったとしても、次の仕事を探すときには履歴書に自分の経歴を載せる必要があるからです。
そうなると数ヶ月で仕事を辞めていることを、企業側に知られてしまう事になります。
それでは面接官としても、そんな短期間で仕事を辞めた人を雇っても、またすぐに辞められてしまうかもしれないと思われてしまいかねません。
企業側も、雇った人を育てるのには労力を使うようになります。
一人前になってもらう為には、教育をしていかなくてはならないからです。
労力を使って教育していったというのにすぐに辞められてしまうような事になれば、また一から人材を探して教育をしていかなくてはなりませんので、大きな無駄になってしまうでしょう。
そのため、企業側も長く働いてくれる優秀な人材を採用するようになります。
ですので、一度就職をすれば、辞めることは出来ないと思っておいた方がいいでしょう。
就職をしてすぐに辞めたくなる理由としては、妥協をしてその会社を選んだ時に起こる場合があります。
自分がやりたい仕事の求人を見つけることが出来なかったために、妥協をして他の仕事をした場合には、どうしてもやりたかった仕事に対してあきらめがつかずに辞めたいと思ってしまうようになるのです。
すぐに退職をしなくてもすむようにする為には、本気で就職をしたいと思える会社に出会えるまでは、妥協をしない事です。
妥協をして入った会社では長続きをしません。
子の会社しかないと思える会社を見つけるまではあきらめずに探し続ける方が、結果的にいい結果をうむことになるでしょう。

ページの先頭へ戻る