ボランティアより就職の塾講師は指導能力が豊富

進学のための勉強は、少子化の昨今、ますます熾烈を極めてきています。
塾通いをする子供たちが増えたのを見ても、そのことはよくわかります。
魅力的な塾というのは、講師の質で決まると言っても決して過言ではありません。
進学率の高い塾には、必ずと言っていいほど、有能な塾講師がいて、熱心な指導をしています。
いわば、いい塾講師にめぐり合うことが、志望校に進学できるか否かの鍵を握っているということになります。
塾講師には、その指導形態から2つに分けられます。
多くの生徒を相手にする集団講師と一人の生徒を教える個人講師です。
集団講師は相応の実績を積んでいて、塾の知名度を高めるために存在しているという側面がありますので、実績は十分持っています。
基本的には、信頼に足りる存在だと言えましょう。
ただ、個人講師の場合、現実には、指導のトレーニングも受けず、基礎レベルの英語や数学の問題を解けさえすれば、なれることができます。
ボランティアで教えていて、その延長上で個人講師をやっている人もいるぐらいです。
しかも、ほとんどは大学生で、就職経験もなく、また、講師としての訓練も受けていませんので、実力のほどが判断できません。
子供の学力を伸ばすために塾に通わせるのなら、集団講師を選択するのが確かです。
子供の指導能力を裏付ける資格というものが存在しませんので、見極めるポイントとしては、集団講師であるという点が大事になってきます。
ボランティアで子供の指導を行っているのは貴重なことではありますが、それが学力の伸長につながるということとは別問題です。
正式に塾に就職して集団講師として勤務している塾講師ならば、必要最低限の能力を身につけていると見て差し支えありません。
ボランティアの精神は大事ですが、子供が希望の学校に進学し、力を発揮できる会社に就職できる環境を作るためには、塾講師の選択は軽視できない問題です。

ページの先頭へ戻る