保育児童のいるフロアレディの就職について

フロアレディと言えば、今では女性の人気の職業に入る程、憧れの職業になっています。ひと昔前までは、やはりどうしても水商売と言うレッテルがあり、就職先としては敬遠されがちではありましたが、やはり、この不景気です。華やかで収入も見込める職業には人が寄り付きます。その為、フロアレディの就職状況と言うのは、昔に比べて非常に高い就職倍率となっています。場所にもよりますが、フロアレディの平均年齢はやはり若めとなっています。10代~20代が現在もほとんどを占めます。しかし、30代以上の女性の応募も非常に増えているのが現状です。その背景には、やはり不景気があります。また、昔に比べて離婚率の上昇も背景の一つにあります。離婚した場合には、ひと昔前は女性が1人で生きていくと言うのは難しい時代でした。ですが、今では女性の社会進出の高まりもあり、離婚したとしても女性ひとりでも生きていける時代になりました。しかし、いわゆるシングルマザーと呼ばれる人達の場合には若干考えていかないといけないことがあります。それは保育施設です。フロアレディとして夜働く場合には、一般の保育施設に預けて仕事をすることは不可能に近いです。もちろん、繁華街には夜働くシングルマザーのために24時間やっている保育施設もあります。しかし、やはり職場の近くで預かってもらえる場所の方がより安心して働くことが出来ます。そう言ったフロアレディ志願者の為、お店の中に保育施設を設けているお店も非常に増えているのが現状です。また、一度結婚や離婚を経験している女性の方がお客様の目線から見るとしなやかで接しやすいと言う面もあることから、お店側も積極的に保育施設を設ける傾向にあります。

ページの先頭へ戻る