就職と職業と積算について

積算とは、計算方式の1つであり、これらの積算が必要とされる就職先には、例えばデパートの経理のお仕事などの職業や、金融関係の職業などで、必要となるケースがあります。

これはなぜか?というと、金融関係の場合には、お金の出し入れなどの積算、または、先月と比べて今月の、お金の動き、出し入れの動き、お客様の預貯金などの出し入れのプラス、マイナス、などの積算を、比べ、データとして残す必要があるからです。

そのため、就職をする際に、商業科などを出ている学生さんの場合には、就職の面接の際に、授業内容や学校について、または有名な商業学校の場合には、喜んで、すすんで合格通知をくださる場合もあります。

このように、上記のような金融関係や、デパートの経理などのお仕事、これらの職業など、商業的なイメージの強い職業で、積算は使われることがあり、理由としても、上記のように、先月のデータと今月のデータ、または昨日のデータとき本日のデータ、などを比べる必要がある際に、大変に役に立つからです。

また、このような計算が得意な方がいればいるほど、仕事としてもはかどることが多く、全体のスピードをまとめあげることが出来たり、経理などの場合には、どこにどのようなミスやマイナスがあるのか、お客様の動向はどうなのか?などを知ることが出来るため、とても役に立つシステムになっています。

また、上記のように、有名な商業高校などの場合には、これらの積算などの他にも、簿記などの資格を多数持っている学校があるため、就職先が、高校に内定している間から、いろいろな推薦がくる、など現在の日本では考えられないような、需要があるケースが、とてもたくさんあります。

ページの先頭へ戻る